ホーム > 地域 > わかりやすくいうならば

わかりやすくいうならば

特定調停という方法も任意整理による解決とほぼ同じく各貸方へ支払いを継続していくことを前置きとした債務整理の方法になります。

 

わかりやすくいうならば裁判所が間に入る任意整理と考えることができます。

 

特定調停も任意整理による方法と同じように、自己破産手続きとは違ってある部分のみの借金だけを整理していくことが可能ですので、他の保証人が付く契約を除いて手続きをしていく際やマンションのローンを除き手続きする際などでも適用することも良いですし財産を処分してしまうことは必要とされていないのでマイカーや有価証券個人資産を所有しているものの、放棄してしまいたくない場合などでも有効な借金整理の手順になります。

http://blogcity.jp/page.asp?idx=10035864

しかしながら、手続きを取った後返済する額と現実の所得を検討し適切に返済が見通せるようである場合はこの特定調停による手続きを進めるほうが良いといえますが自己破産手続きとは違い借金そのものが消滅してしまうわけではありませんので、金額が巨額な状況の場合実際的にはこの方法で手続きを進めることは難しくなるということがいえるでしょう。

 

あと、この方法だと裁判所という機関が介入するので弁護士などのプロに関わってもらわなくても不利になるようなことはないという点や、手続きの費用を圧縮できるという点はあるのですが債権者それぞれの取り立てに対し債務者自身が対応していく必要がある点とか、裁判所にことあるたびに顔を出すことが必要になるなどの覚えておきたい点もあります。

 

さらには、任意による整理との比較点ですがこの方法で解決できないときには利息をすべて付けた計画で渡していく必要があるといったことやあとから見ればそれら債務者へ返済する合計額が任意による整理の場合と比較して割増しになることがあるなどの注意が必要な点もあります。

 


関連記事

  1. わかりやすくいうならば

    特定調停という方法も任意整理による解決とほぼ同じく各貸方へ支払いを継続していくこ...

  2. テスト

    テスト記事です。...