ホーム > 趣味 > 過去のキャッシング生活

過去のキャッシング生活

昨年までの9年間、私はキャッシング地獄でした。
というのも、22歳で転職をし収入は半分くらいになり、生活費補充のため作っていたクレジットカードでキャッシングしていたのです。

最初は月1万円、、そしてその1万円を返済するためにまた1万円、、と終わりのない日々を送っていました。

生活水準を収入に見合ったものにすればよかったのですが、なかなか思い通りにはいかず。。

自分の弱さに落胆しながらも、キャッシングはやめられませんでした。

そして31歳になり妊娠して結婚することになりました。

夫には借金を知られたくない。。
でも貯金もないし返済のあてもない。。

そこで私は債務整理を行いました。
カード会社3件、合計120万ほどです。
半ば諦めていたのですが、月々10万の返済を3万円にすることができました。

キャッシングは天使と悪魔の顔を持っていると思います。
いつでも借り入れできる便利さと、お金を手にすることで満足感や優越感を得られる。
そしてそれはカードを持っている者ならだれにでもできる行為。

しかしそれを過ぎると、返済しなければならないと憂鬱な気持ちになり、お金のことばかり考えてしまう。
返済が遅れると催促状がやってくる。。

急な出費や少しお金が足りないときなど、キャッシングはすごく便利でありがたく私たちの力になってくれます。

自分を見失わず、使い方を間違えなければキャッシングは素敵な存在だと思います。

ちなみに、私は債務整理をしたので10年くらいクレジットカードは作れません。
カードがないことで節約するようになり、なぜか料理も上手くなりました。

でもカードを作れるようになったら1枚欲しいと思っています。
キャッシング天国な毎日になることを誓って。

消費者金融はインターネットから申し込み出来ます


関連記事

  1. 過去のキャッシング生活

    昨年までの9年間、私はキャッシング地獄でした。 というのも、22歳で転職をし収入...

  2. テスト

    テスト記事です。...