ホーム > 不動産 > しっかりとした手続き

しっかりとした手続き

民事再生という手段は住宅のローンも含む多重の債務に苦しんでいる利用者を念頭において住宅を維持しながら金銭面で再建するための法的機関を通した方法として2000年11月にはじまった選択肢です。

 

民事再生という制度には、破産手続きとは異なり免責不許可となる条件がなく浪費などで債務がふくらんだような場合もこの手続きは取れますし破産申告をすることで業務停止になってしまうような資格で仕事をしているような場合でも民事再生手続きは行えます。

 

破産宣告では住んでいる家を保有したままにすることはできませんし、任意整理や特定調停などでも、元金は支払っていく必要がありますので、住宅のローンを含めて払っていくのは多くの場合は困難だと考えられます。

 

ですが、民事再生という方法を取ることができれば住宅ローンを別とした借金額は相当なものを減らすことができますので、マンション等のローンを払い続けながら残った借入金を返済し続けるようにできるということになります。

 

といっても、民事再生による整理は任意整理による手続きや特定調停等と異なってある部分だけの債務を除いて手続きすることは許されませんし、破産手続きの際のように元金それそのもの消えてしまうということでもありません。

 

さらに、これ以外の方法と比べると手続きの方法が煩雑で時間が必要ですので住宅ローンを持っていてマンションを手放せないような状況等以外において自己破産のようなそれ以外の整理ができない時のあまり優先したくない解決策と考えた方がいいでしょう。

 


関連記事

  1. しっかりとした手続き

    民事再生という手段は住宅のローンも含む多重の債務に苦しんでいる利用者を念頭におい...

  2. テスト

    テスト記事です。...